あなたは隠れ冷え症かも?

隠れ冷え症を早期発見して未病予防。

気づくと肩をすくめていたり、腰やお腹を触ってみると冷たくなっていたり、胃腸の調子が悪いなど、意外と自分でも冷えに気がつかないこともあります。 あなたは、もしかしたら隠れ冷え症ではありませんか?

自分の手足やお腹、腰を触ってみると、その部分だけ体温が奪われたような冷たさを感じることがあります。それが1年中だったり、寒くなる季節だけ、または不定期だったりと個人差があります。
身体の中に冷たくなっている部位があると、自分でしっかりとエネルギーを作り出すことができず、手足ばかりでなく、
身体の深部も冷えているのかもしれません。そうなると、内臓の機能も不十分になり、病気の前段階である「未病」状態をつくり出してしまう可能性があります。

涼しい場所に居る時間が長かったり、寒い場所に行くと直ぐに身体が反応して、その日のうちに「肩こりが酷くなった」
「腰の調子がおかしい」と感じる人がいます。 自覚があれば予防も早めにできますが、全く自覚症状がなく今感じている症状が、冷えも原因の一つとして絡んでいることに、気がつかないケースもあるのです。そうすると、冷え対策が遅れてしまい、体調不良が慢性化してしまうかもしれません。

このような人は要注意、隠れ冷え症かもしれません。
▽風邪をひきやすい。
▽痩せにくく、太りやすい。 ▽手足は冷えていないが、腰やお腹を触ると冷んやりしている。
▽足がむくんでしまうことが多い。
▽たびたび胃腸の調子が悪くなる。
▽肩こりの自覚症状はないが、お風呂で温まると肩の力が抜けて身体が楽になる。
▽運動をする習慣がない。
▽気分が晴れないことが多く、安眠できない。
▽頭痛や生理痛がある。

【冷え対策】
◎ブランケット
肩こりや手足などの末端が冷える人は、お腹、腰周りをなるべく温めるようにして、内臓の血流を十分にしてあげる必要があります。 腰部、骨盤、太腿辺りの衣類は、他人よりもプラス1枚がポイントなのですが、ブランケットや腹巻のような下着でも調整可能です。ブランケットは、下腹部以下に掛けても良いですが、お風呂上りのバスタオルの要領で、腰周りからグルっと巻いての使用も温かくて好む人が多いようです。

◎ポンチョ
夏の冷房で体験済みの方も多いと思いますが、肩周りの冷えは、余計な緊張を招いてしまい、肩こりの慢性化へと繋がってしまいます。肩こり部分に、電子レンジで温めたホットパックも効果的ですが、普段から肩周りを保温しておくことも大切です。 重ね着をしてモコモコ動きにくくなることが、気になってしまう場合は、ポンチョにもブランケットにもなるタイプのものが便利かもしれませんね。

TOPページに戻る