冷え性 妊娠できない

冷え性は妊娠に悪影響があると云われています。何故でしょうか?

冷え症は西洋医学では病気とみなされていません。したがって治療薬もないですし、治療法も持ち合わせていないというのが実情です。 東洋医学では冷えというのは疾患の重要な症状なので、治療すべきものとして対処されます。
冷えの本体は、身体の血流循環が悪いために起こるということです。血行不良なのです。特に冷えが起きる手足の先端は、心臓から遠い場所で血流が届きにくい所にあります。 何らかの原因で、血流が上手く循環しないと温かい血が届かずに冷えを起こしてしまうということです。

それでは、何故冷えが妊娠に悪影響を及ぼすのでしょうか?

一番は妊娠に関連するホルモンに影響を及ぼすからだと考えられています。ホルモンとは、血流に乗ってターゲットする部位に到着して、作用する生理活性物質です。 ですので、冷え性のような血流が悪い状態が続くとホルモンがきちんと効く場所に届かず、作用しないことになってしまいます。ひいては妊娠しないということに結びつきます。

また、体温が冷え性によって下がると免疫機能の低下を引き起こすので、風邪に罹りやすくなってしまいます。
これが意外と大変で、不妊治療時に風邪をひくと場合によっては治療を延ばさなくてはいけなくなるので、貴重なチャンスを逃すことにもなります。

子供を授かろうと思うと、前述の通り、ホルモンが作用してくれないといけません。そして、子宮や卵巣の血流が良くないといけません。そして、風邪をひかないように免疫力を高めておく必要があります。 身体を冷やすことは、上記の条件をひとつずつ潰しているのと同じです。自分のやりたいこと、好きなことを優先してしまうとどうしても子供は授かりづらくなるのは当然です。

栄養バランスのとれた美味しい食事を温かい状態で楽しく落ち着いて食べること、運動による筋力強化や血流の改善、日々の入浴週間なども冷え性対策にはとても有効です。上手に取り入れたいですね。 冷え性ひとつをとっても、そこで何が自分にとって大事かを考えるきっかけになります。自分の身体の発しているメッセージを捉え、どのように自分の身体を快適な状態に維持し、妊娠に結びつけるのかそういう視点が必要なのではないでしょうか。

66本の動画で学ぶ 妊活不妊治療マッサージ